Forex TV
広告 携帯サイト

Sponsored by

広告





ファンダメンタルズ分析
- 外国為替市場(FOREX)での取引は、株式市場でも使われている2つの基本分析方法に基づいています。それは、ファンダメンタルズ分析テクニカル分析です。

FOREXでのテクニカル分析の利用は、株式市場とほぼ同様です。価格がすべてのニュースを反映すると想定され、チャートが分析の対象です。それに対して、ファンダメンタルズ分析はどのようにして通貨取引に応用できるのでしょうか?

ファンダメンタルズ分析は投資の本質的な価値に焦点を当てるものです。これをFOREX取引に応用する際は、国家通貨の価値に影響を与える経済状況に焦点を当てることになります。ここで、通貨の動きに影響を与える主要なファンダメンタルズ要因をいくつか見てみましょう。

経済指標


経済指標とは、政府や民間機関などから発表される、その国の経済活動の詳細を説明するものです。経済指標は、その国の経済状態を見るうえで欠かせない重要なツールです。また、要因や方針など多くの内容が、その国の経済動向に影響を与えていることは、覚えておいてください。

政府や民間機関から発表されるレポートは定期的に発表され、その国の経済が向上しているのか下降しているのかを表す指標をマーケットに提供します。また、これらのレポートに示された内容はFOREX取引において大きな影響を与えます。FOREX取引においては、事前予想値から少しでもはずれることで、マーケットの思惑を呼び大きな市場動意の材料なることが少なくありません。

ひとくちに経済指標といえば、公式に発表される米雇用統計など幾つか大きなものをを思いつく方が多いかもしれません。一方で住宅統計などほかの経済指標が大きく注目されることは少なくないと思います。しかし、それぞれの経済指標は特定の目的を持っており、役に立ちます。ここでは、4つの主要レポートをご説明しますが、そのいずれもが株式や為替取引に際しおおいに注目されるものばかりです。

国内総生産(GDP)GDPはある国の経済状況を測る代表的なものさしです。GDPは一年間でその国で生産された全ての商品やサービスの総生産量を表します。GDPの数自体はすぐに算出される数字ではないので、多くのトレーダーは最終的なGDPの数字・確定値が出る前、事前に発表される2つの暫定的な数値に注目しています。具体的には速報値と改定値がそれに当たります。これらのレポートの重要な修正は、大きくマーケットを動かします。GDPは公的にトレードされた会社の総利益と類似しているところがあり、そのような会社では、GDPも総利益も内的成長を図る

小売売上高 - 小売売上高は、ある国の全ての小売業の総合収益を測ります。ここでの数字は、全国の小売店の様々なサンプルから算出されます。これは幅広い消費者の消費行動をタイムリーに反映された指標で、季節的な変化もカバーしているため、とくに役立ちます。また、より重要な遅行指数の動向を予測したり、その瞬間の経済の方向性を判断するのにも利用されます。小売業のアドバンスレポートの改訂は、マーケットに大きな変化をもたらします。

鉱工業生産 - このレポートは、国内の鉱工業部門における生産状況の変化を表します。また、これらの各工場がどれだけ利用されているかという「設備稼働率」もレポートに含まれます。国にとっては、最大または最大に近い設備稼働率の中で、生産を向上させるのが理想的です。

この指標を利用しているトレーダーは、公共部門の事業生産を常に気にかけています。公共事業産業、同様にエネルギー需要の貿易も、気候の変化によって大きく変化するので、公共事業生産は、極端に不安定です。レポート内の重要な修正は、気候の変化に影響され、同様にそれは、国の通貨にも影響を与えます。

消費者物価指数(CPI)- CPIとは、200種類以上もの異なる業界の商品の値段の変化を、図るための指標です。このレポートは、その国の輸出と比べて、製品やサービスにおいてその国が収益を上げているか損をしているかを見極めるのに使われます。しかし、輸出の動向を追う際には注意する必要があります。輸出価格は通貨の強弱によって頻繁に変化するゆえに、多くのトレーダーにとって人気の的になるのです。他の主要な指標は、シカゴなどの購買部協会指数(PMI)や生産者物価指数(PPI)、耐久消費財レポート、雇用費用指数(ECI)、住宅着工件数を含みます。そ

それでは、これらの指標はどのように使うのでしょうか?

経済指標はその国の経済状況を正確に測るので、発表される条件の変化は、直接的にその国の通貨の価格と量に影響を与えます。しかし、今まで挙げられた指標だけが、通貨の価格に影響を与えるのではないことを、覚えておくことは大切です。テクニカル要因など、徹底的に通貨の評価額を変えてしまう、第三者によって発表されるレポートもあります。ここで、外国為替市場におけるファンデメンタル分析を利用する際に役に立つ秘訣を、いくつかご紹介します。

経済指標と、それが発表される日程が一覧できる経済カレンダーを、手元においておきましょう。マーケットは実際発表された経済指標の数値よりも、あとで発表される指標の予想により左右されることも少なくありません。

多くのマーケットの注目を集める経済指標の情報を、発表のたびにしっかり入手しましょう。そのような指標は、発表される内容如何によりマーケットを大きく要因となります。

データに対するマーケットの事前期待値を知り、そしてその期待値が実際マーケットにどこまで織り込まれているかに注目しましょう。それは、実際の数値そのものよりもずっと重要です。ときどき、期待値と実際の結果に大きな違いがあることがありますが、その場合にこそ発表された経済指標がマーケットの波乱要因となりかねません。

ニュースの発表直後に迅速に反応しすぎることがないようにしましょう。頻繁に、数値が発表されたあと再び改訂されたりと、物事はすぐに変わります。これらの修正に注意を払えば、指標はトレンドを追ったり、将来の予想を立てたりするうえで便利なツールとなります。

結論

FOREXのファンダメンタルズを評価するために使われるものは、実際の経済指標はもちろん、銀行や証券会社などによる民間レベルの予測レポートがあります。単に数値を見るだけでなく、それらが何を意味していてどのようにその国の経済に影響を与えているのかを理解するのに時間を費やすことも重要です。これらの指標は、適切に利用された時に、どの通貨のトレーダーにも非常に貴重な情報源となります。



         
ForexTV.jp サイトマップ »


為替レート 為替チャート 為替動画ニュース 取引ツール 通貨別特集
日本円(JPY) 円チャート   ピボット 計算機 欧州圏・ユーロ
米ドル(USD) 米ドルチャート     日本・円
ユーロ(EUR) ユーロチャート 為替ニュース ForexTV.jpとは? イギリス・ポンド
英ポンド(GBP) 英ポンドチャート     スイス・フラン
スイスフラン(CHF) スイスフランチャート     カナダ・ドル
カナダドル(CAD) カナダドルチャート     オーストラリア・ドル
オーストラリアドル(AUD) オージーチャート     ニュージーランド・ドル
ニュージーランドドル(NZD) キウイチャート   北欧圏
主要通貨クロス      
       
       
         
当ウェブサイトをご利用される場合は、利用規約にご同意いただけたものといたします。外国為替取引に取り組む決断をされる前に、ご自身の投資目的、投資経験、およびリスク許容度等を十分考慮する必要があります。初期投資の一部、もしくは全てを損失してしまう場合があるため、容認できない額の投資をしてはいけません。外国為替取引に伴う全てのリスクを認識し、少しでも疑義がある場合は、中立的な金融アドバイザーに意見を求めましょう。外国為替(あるいは外国為替証拠金取引、または外国為替先物取引、およびオプション取引など)の取引には、実際に損失するリスクがあるため、あらゆる投資家に適しているわけではありません。通貨価値は常に変動しているため、投資家は初期投資額の全て、もしくはそれ以上の損失をこうむる場合があります。リスクには、実質的に通貨の価格や流動性に対して影響を与える、政治や景気の変化といった潜在的なもの(これらが全てではありません)もあります。一方で、季節的、地政学的要因のような影響は、既に市場価格へ織り込まれている場合があります。外国為替証拠金取引のレバレッジ性とは、市場がどんな動きをしたとしても、預託した資金に対しては平等な効果をもたらすことを意味します。それがたとえ不利な動きでも有利な動きでも同じです。つまり、過去の結果は将来の投資活動に対して何の指標にもならないからです。当ウェブサイトに含まれている情報は、あくまで情報提供を目的としており、投資アドバイスや特定の取引事業者および取引そのものを推奨するものではありません。また提供する情報は、信頼ある情報提供元から入手していますが、その正確性や完全性を保証するものではありません。また、情報の提供元またはその関連会社、および情報を媒介した技術者、解説者や講師等を含む全ての情報提供関係者は、直接的か間接的かを問わず、生じた一切の損失や不利益について責任を負いかねます。また、将来に発生しえる投資環境の変化等に対して、予見できたか否かに関係なく、いかなる保障をもお約束いたしかねます。
  個人情報保護指針   |   サイト利用規約   |   広告掲載指針  
     
「ニュースはロイターからRSSフィードにてご提供しております。本サイトではニュースの正確性、安全性を保証するものではありません。またニュースはお客様への情報提供のみを目的としたもので、売買の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさいますようお願い申し上げます。」