Forex TV
広告 携帯サイト

Sponsored by

広告

追跡!プロスティックス930

動画プレーヤー左上端の「再生リスト」をクリックして、視聴する動画を選択できます。







ForexTVjpのYoutubeチャンネルでは整理された全動画を試聴できますので、どうぞご利用ください。↓↓↓

追跡!プロスティックス930
専門チャンネルガイド
「追跡!ProSticks930」チャンネル  放送日時:随時
プロスティックス・チャートでお馴染みのProSticks.com社の金融取引経験が豊富なスタッフが直筆するFXの売買戦略レポートが「ProSticks930」です。
米国など世界数か国で特許を取得しているプロスティクス・チャートを使って、毎日5通貨ペアの日足中心に中期運用向けに売買戦略を配信しています。当チャンネルでは実際のレポートの運用実績などを追跡して参ります。
提供企業様
 
「IMM通貨先物・取組残高分析」チャンネル  放送日時:毎週月曜日 or 火曜日
毎週金曜日にアメリカ先物取引委員会(CFTC)が発表する、シカゴ商品先物取引所(CME)のIMM通貨先物市場の取組残高データを元に、投機筋のポジション分析などを紹介します。残高分析は「ブル・ベア指標」として把握でき、いわゆる“シカゴ筋”のポジションの変化を察知することで、相場トレンドの指標にしようという試みです。例えばそれまで傾いていたポジションが減少し始めたとすれば、相場トレンドは一旦ピークを打った可能性が高まる訳です。月曜日が休祭日の場合は、火曜日に順延される場合があります。
自社制作番組
お問合せ
 
「一目均衡表 解説」チャンネル  放送時間:随時
多くのチャートシステムに組み込まれている一目均衡表は、“一目山人”によって考案・集大成された、日本発の罫線分析論です。三代目“一目山人”を襲名された細田哲生 先生が講師を務める 一目均衡表勉強会や、実際にスタジオにお出で頂き、解説いただいた模様をお届けします。均衡表の正しい見方の説明は、多少過去の内容でも全く支障なくご覧いただけます。

自社制作番組 ご協力企業
お問合せ 株式会社 経済変動総研
 
「FXフラッシュ1930」チャンネル  放送日時:終了
24時間を通じて、最初に市場が活気づくと言われている東京市場終盤からロンドン市場の序盤にかけての為替相場の動きを、経済指標や要人発言等との関連性等を交えながら、判り易くお伝えします。
金融情報メディアの株式会社オーバルネクストが行った為替市場インタビューから、銀行などの為替ディーラーの声をお伝えします。短いコメントの中には欧州勢に対するディーラーの印象などが凝縮されています。 
提供企業様  
 
   ForexTV.jp サイトマップ »
         
為替レート 為替チャート 為替動画ニュース 取引ツール 通貨別特集
日本円(JPY) 円チャート   ピボット 計算機 ユーロ
米ドル(USD) 米ドルチャート   経済指標カレンダー 日本・円
ユーロ(EUR) ユーロチャート   通貨コード イギリス・ポンド
英ポンド(GBP) 英ポンドチャート 為替ニュース ForexTV.jpとは? スイス・フラン
スイスフラン(CHF) スイスフランチャート     カナダ・ドル
カナダドル(CAD) カナダドルチャート     オーストラリア・ドル
オーストラリアドル(AUD) オージーチャート    
ニュージーランドドル(NZD) キウイチャート  
主要通貨クロス      
       
       
         
当ウェブサイトをご利用される場合は、利用規約にご同意いただけたものといたします。外国為替取引に取り組む決断をされる前に、ご自身の投資目的、投資経験、およびリスク許容度等を十分考慮する必要があります。初期投資の一部、もしくは全てを損失してしまう場合があるため、容認できない額の投資をしてはいけません。外国為替取引に伴う全てのリスクを認識し、少しでも疑義がある場合は、中立的な金融アドバイザーに意見を求めましょう。外国為替(あるいは外国為替証拠金取引、または外国為替先物取引、およびオプション取引など)の取引には、実際に損失するリスクがあるため、あらゆる投資家に適しているわけではありません。通貨価値は常に変動しているため、投資家は初期投資額の全て、もしくはそれ以上の損失をこうむる場合があります。リスクには、実質的に通貨の価格や流動性に対して影響を与える、政治や景気の変化といった潜在的なもの(これらが全てではありません)もあります。一方で、季節的、地政学的要因のような影響は、既に市場価格へ織り込まれている場合があります。外国為替証拠金取引のレバレッジ性とは、市場がどんな動きをしたとしても、預託した資金に対しては平等な効果をもたらすことを意味します。それがたとえ不利な動きでも有利な動きでも同じです。つまり、過去の結果は将来の投資活動に対して何の指標にもならないからです。当ウェブサイトに含まれている情報は、あくまで情報提供を目的としており、投資アドバイスや特定の取引事業者および取引そのものを推奨するものではありません。また提供する情報は、信頼ある情報提供元から入手していますが、その正確性や完全性を保証するものではありません。また、情報の提供元またはその関連会社、および情報を媒介した技術者、解説者や講師等を含む全ての情報提供関係者は、直接的か間接的かを問わず、生じた一切の損失や不利益について責任を負いかねます。また、将来に発生しえる投資環境の変化等に対して、予見できたか否かに関係なく、いかなる保障をもお約束いたしかねます。
  個人情報保護指針   |   サイト利用規約   |   広告掲載指針  
     
「ニュースはロイターからRSSフィードにてご提供しております。本サイトではニュースの正確性、安全性を保証するものではありません。またニュースはお客様への情報提供のみを目的としたもので、売買の勧誘を目的としたものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさいますようお願い申し上げます。」